« バドミントン新年会*昼の部 | トップページ | お誕生日会 »

リハビリ開始

Img_6365
昨日も雨...先日といい1月中に雪じゃなく雨が降るなんてね~不思議な気候です。この時期に、道路に雪がない景色って本当に珍しい!積雪は例年の半分ですって!思えば、数回しか雪かきしてないものね^^;

そんな、雪山もなくなった道路をルンルン~今日も整形外科へcar
3回目の診察で、リトルの五十肩は「左肩峰下インピンジメント症候群」との診断を受け、ヒアルロン酸注射+リハビリテーションをすることになりました。取り合えず、ヒアルロン酸は今まで通り週1回、リハビリは週2回のローテーションで通うことに。取り合えずと言うのは、これで痛みが解消しなければ、MRI検査をしましょうって事。他に原因があるかもしれないのでね。

ちなみに、『左肩峰下インピンジメント症候群』とは...

「肩を上げた時に、肩甲骨と腕の二つの骨に腱板と呼ばれる筋肉の組織が挟まれ、炎症を起こしていることをインピンジメント症候群、または腱板損傷と診断される。
肩の使い過ぎによって肩峰下滑液包と腱板が炎症を起こし、これらが肥厚、変性して烏口肩峰アーチと衝突し、肩の痛みや運動障害を起こす疾患。」

だそうです。
で、先生から受けた『インピンジメントテスト』とは...

「検者は片手を患者さんの肩峰(肩先の骨)の上に置き、もう片方の手で腕をつかむ。そして肩上部に置いた手を下方向へ押し付けるようにしながら、上肢を他動的に挙上させる。このとき肩関節前面、肩峰の直下に痛みが出現するものを陽性とする。インピンジメント症候群の兆候として、過度に上肢を挙上する動作の多いスポーツ選手によく見られる。」

私の場合、スポーツ選手ではないので、多分、年齢的な筋力の低下...老化なんだねcatface先生に、私の回りにも同じような症状で病院に行かずにいる人が何人もいますが、多少の痛みは我慢して生活するしかないのでしょうか?と聞いてみましたが、同じような症状と言っても診察や検査をしないと同じかどうかはわからないと...(そりゃそうだ!^^;)リハビリの先生にも同じような事を尋ねたら、リトルの場合は炎症を起こしているので、痛みが軽減しないうちは激しい動きや運動は控えるようにと...痛みが消えたら、予防のためのストレッチや軽い筋トレに移行するようです。この数年で一気に筋力が落ちたのかな?これでも、3年ほど前まではほぼ毎日、ストレッチ・腹筋・腕立てはしていたんだけど(バドミントンのために)2年前からバドも週1回に減ってしまったし、階段から落ちて捻挫したり、腰痛や股関節の痛みや、何だか色々な出来事の気疲れもあって、やる気がなくなって...フィットネスジムも怪我が続いて止めてしまったしね。次回のリハビリから、様子を見ながら筋トレも入れるそうなので、取り合えず頑張りまっす!scissors

|

« バドミントン新年会*昼の部 | トップページ | お誕生日会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バドミントン新年会*昼の部 | トップページ | お誕生日会 »